2018/03/29.Thu

第2回野外彫刻展の授賞式に行ってきました(o^^o)

今日は、くにたちアートビエンナーレ2018 第2回野外彫刻展の授賞式に行ってきました!!
くにたちアートビエンナーレのフェイスブックページはコチラ

会場は、「くにたち市民芸術小ホール」
目の前の公園に、ピアノが設置されていて

家族が仲良く弾いておりました🎶このピアノ設置「Play Me, I’m Yours」は、「くにたちアートビエンナーレ2018」の関連イベントです。市内のあちらこちらに2週間、期間限定でピアノが10台設置され、色々な人が飛び入りで弾いて楽しんでいます。あと2日でイベントが終わってしまうなんて寂しいですね(T ^ T)

さて、授賞式の時の写真は許可された方だけということでありませんので、設置されている「さくら通り」の入選彫刻作品10点とともにご紹介~!
大賞を受賞なさった、近持イオリさんの「EARTH VIBRATION 天使の梯子」

準大賞を受賞なさった、武荒信顕さんの「神像(道ゆく人に幸福を・・・)

優秀賞を受賞なさった、小笠原信行さんの「鼻と空と太陽と」

優秀賞を受賞なさった、山本恵海さんの「たけくらべ」

優秀賞を受賞なさった、加藤淳さんの「象」

藤島祥枝さんの「地中からの贈りモノ」

小野田勝謙さんの「DREAM HAS A PLACE」

森佳三さんの「舞」

朝野浩行さんの「太陽の雫」
 
濱田卓二さんの「街の風景」

授賞式のあとのレセプション。大学通りをイメージしたというフィンガーフードコーナーが華やかでした💓

美味しくいただきました😋

3年前に大学通りに設置された「くにたちアートビエンナーレ2015 第1回野外彫刻展」の受賞作品6点は、すっかり街に溶け込こんでいますね(o^^o)

今後、この10点の彫刻作品がさくら通りに加わり、「彫刻の街」「芸術の街」として益々くにたちがうるおいと安らぎの街になることでしょう💓
受賞者、入選者の皆様、おめでとうございました🎉
くにたち(国立)のこと
2017/08/22.Tue

特別開講 第6回 作品講評会『春の市民一芸塾』陶芸作家に学ぶ「手ひねりでつくるテーブルウェアとフラワーベース」講座(全5回)

『春の市民一芸塾』陶芸作家に学ぶ「手ひねりでつくるテーブルウェアとフラワーベース」講座(全5回)
第1・2回 実施ご報告はコチラ
第3・4・5回 実施ご報告はコチラ

本日 「第6回 作品講評会」をくにたち市民芸術小ホール アトリエにて実施いたしました!
参加してくださった皆さま♪全員集合(o^^o)
ありがとうございました💕

全5回のカリキュラムで制作した作品のお披露目~。とっても綺麗に焼き上がりました!

参加してくださった皆さまから、感激~。゚(゚´ω`゚)゚。の言葉♪いただきました。

自分が作った作品を選別します。
乾燥→素焼き→本焼きの過程のなかで、1割ほどサイズダウンしております。自分のがどれだかわからなくなる一面も(⌒-⌒; )

お一人づつ、自分の作品を目の前にしての感想を述べていただきました。

和やかなひと時。

その後、くにたち自游工房 主宰の陶芸家 柚木寿雄より、陶芸にまつわるお話をさせていただきました。

今回ご参加いただいた皆さまの作品は、本日お手元に引き渡され、来春、くにたち市民芸術小ホール1階ロビーにて、展示していただけることになっております!!👏
お作りになられた作品をご使用になりながら、今回の講座を是非思い出してくださいね。
ご参加いただきありがとうございました。
この度『春の一芸塾』に陶芸講座を企画、実施してくださった、くにたち文化・スポーツ振興財団様に心より御礼申し上げます。
ありがとうございました。
くにたち(国立)のこと
2017/08/21.Mon

『春の市民一芸塾』陶芸作家に学ぶ「手ひねりでつくるテーブルウェアとフラワーベース」講座(全5回)第3・4・5回 実施ご報告♪

くにたち市民芸術小ホール(東京・国立)にて、2017年5月~7月に実施させていただいた、
『春の市民一芸塾』
陶芸作家に学ぶ「手ひねりでつくるテーブルウェアとフラワーベース」講座(全5回)
第5回目が7月上旬に終了し、先日参加していただいた皆さまの作品が焼き上がりました。

窯出しの日に、参加者のIさんが工房まで駆けつけてくださいました!
Iさんは、陶芸関連の展覧会に根津美術館にお出掛けになったり、茶陶も特にお好みで、陶芸に興味をお持ちだったそうです。この度の講座を通じての、新しい方々との交流♪とても新鮮でした💕

たたら成形で制作したお皿

手びねりで成形し、釉薬も各自好みのものを掛けて、焼き上げました。☆石ころ花器は後日無事焼き上がっております^_^

第1回・第2回の実施ご報告コチラ


第3回・第4回・第5回のご報告をいたします^_^
第3回目は、くにたち自游工房 主宰の陶芸家 柚木寿雄オリジナル『石ころ花器』を制作していただきました。(指導講師 : 柚木寿雄・柚木弥栄)
工房HPの主宰プロフィールページにも掲載している人気作品の一つです♪

下の写真手前のように、ドクダミなど、さりげない野花が似合う「石ころ花器」です。

手びねり陶芸の紐作りで成形スタート


紐作りでも、口元を閉じていく手法は中級レベルです。陶芸初めての方が多いなか、みなさん説明を良く聞いてくださり、問題なく制作が進みました。

中は空洞、まんまるになりました。
しゃもじで外側を、丁寧に叩き締めます。

軽石で表面を叩いて、ゴツゴツしたニュアンス作り

順調です!

まんまる。空気で密閉されることで、空気が外側に押し出ようとし、形がギュっとおさまります。



花器の口元を作る前に、少々作品を乾燥させます。

並んだ作品。可愛い風景

触っても形が崩れないようになったところで、好きな形に口作り。
石ころ花器の成形、完了です!

陶芸家 柚木寿雄による講義もさせていただきました。
数回の講座で、座学の時間も取ることができて、より皆さまに陶芸の魅力をお伝えすることが出来ました😻

第4回目は、たたら成形でお皿を制作していただきました。(指導講師 : 柚木弥栄・佐野奈月)
のし棒、たたら板、粘土等ご用意して、皆さまをお待ちしてま~す(o^^o)

くにたち自游工房主宰・陶芸家 柚木寿雄が監修した著書「陶芸のコツ70」に掲載させれている、たたら成形を参考にご指導させていただきました。

ご自宅から、お皿の型になりそうなものをお持ちよりいただき

お皿作りです。

よそで購入した作品と似た作品が簡単に作れます。

このようなネットを使用すると、表面にイボイボイボのユニークな模様がでます。

みなさん夢中~

お手持ちのお皿に板状の粘土を乗せて、



左側のようなお皿をお持ちいただき、右側のようなお皿をお作りいただきました。先ほどのネットで表面に模様を入れて個性的!

この4回目から1カ月ほどあけてます。その間に、これまでに制作した作品の乾燥と素焼き(700度)を行ないました。
そしてラスト第5回目!!
7月11日(火)は、作品に釉薬を掛ける作業をいたしました。(指導講師 : 柚木寿雄・柚木弥栄)
手びねり陶芸で制作した作品群

石ころ花器!

たたら成形で制作した作品群

まずは、素焼き作品の土の細かいカスをスポンジでぬぐい取ります。

釉掛け作業のご説明




作品の裏側は、窯の棚板に釉薬がつかないように、撥水剤を塗り保護します。

釉薬は、ご用意した7種から3種に偶然絞られました。
空色、伊羅保、半マットの釉薬。
ポスターのサンプル作品画像でもあった色です。


釉薬のご説明をさせていただき

釉薬をかき混ぜます。そして作品を浸して釉掛け。

釉掛けの後は、作品の裏の後始末です。

最終回に残念ながら欠席となってしまった方もおりましたが、みんなで記念写真🤳
ご参加いただきありがとうございました。

明日8月22日(火)は午後1時半より、くにたち市民芸術小ホールのアトリエで、焼き上がり作品の講評会を開催いたします(o^^o)
1ヶ月以上ぶりに参加してくださった皆さまにお会いすることを楽しみにしております。
5回を通じて制作した作品との焼き上がり具合♪ドキドキ、ワクワク💓
では明日、特別開催「第6回 講評会の巻~」宜しくお願いいたします!
くにたち(国立)のこと
2017/05/27.Sat

陶芸作家に学ぶ「手ひねりでつくるテーブルウェアとフラワーベース」講座(全5回)第1回、第2回実施いたしました(^.^)

清々しい日が続いてますね♪
国立で森林浴~(o^^o)いかがですか?
桜並木の大学通りも、あっという間に緑溢れる並木道に!

お散歩日和~


大学通りを歩いていると、数々の野外彫刻にも出会えます🌟

さて、この度
くにたち市民芸術小ホールにて
春の市民一芸塾
陶芸作家に学ぶ「手ひねりでつくるテーブルウェアとフラワーベース」講座(全5回)開講中です。
先週、今週と第1回、第2回を実施いたしました。お集まりいただいた皆様、ありがとうございます😊

5月16日・23日・6月6日・13日・7月11日 全て火曜 全5回
手びねりやたたら作り(粘土を薄く板状にし曲げるなどする)でカップやお皿、花器をつくります。おしゃれで実用的な器や講師を務める作家の定番シリーズ「石ころ花器」があなたの手でつくれます!初めての方でも大丈夫です。一度はやってみたいと思っていた方、チャンスです!お気軽にトライしてみませんか。
第1回目は、湯呑み、お茶碗、鉢などを制作していただきました。(指導講師 : 柚木寿雄・柚木弥栄)








第2回目は、第1回目に制作していただいた作品の削り作業をしていただきました。(指導講師 : 柚木弥栄、佐野奈月)
ドド~ん!皆様の作品。1週間経ち、削りどきです。

掻きベラという道具を使って削ります。

削り作業の目的
その1.器に高台を作ります♪
その2.余分な粘土を削り、形を整えます♪





皆様、お疲れ様でした!
高台も出来上がり、スッキリ形の整った作品は、工房にお預かりして『乾燥』→『素焼き』の工程を経ます。そして、7月11日(土)第5回目 釉掛け作業の時にまた登場しますのでお楽しみに。
選べる釉薬は、工房の人気上位7色!!

次回第3回は、6月6日(火)です。『石ころ花器』を作ります(o^^o)軽石お忘れなく!
皆様のお越しを楽しみにお待ちしております。
くにたち(国立)のこと
2017/03/12.Sun

金文堂(東京・国立)様エントランス・店内に国立駅舎グッズいっぱい!^_^

暖かい日が続き、
あと数週間後には国立もあちらこちら桜で満開に!!
おすすめ桜の名所 2017「国立市大学通り・さくら通り」(るるぶ.com)
国立駅前、大学通りの四季折々の変化を創業1951年から見守っていらっしゃる、 文具・画材店 金文堂さん。
本日立ち寄らせていただいところ、エントランスに

旧国立駅舎モチーフのグッズが、たくさんショーケースに飾られていました♪


国立駅舎のノートや国立の風景が描かれた絵葉書やその他色々、当工房制作の国立駅舎陶器(ブローチ・カードスタンド・お香立て・LEDキャンドルハウス)もこの3月よりお取り扱いしていただいております。

国立観光のお土産に、金文堂さまに是非お越しください🌸



店内奥左側の便箋コーナーにも「国立駅舎グッズ」コーナー設けていただいておりますので、ゆっくりご覧ください。
IMG_1443.jpg

「国立駅舎陶器」宜しくお願いいたします(^◇^)
くにたち(国立)のこと
 | HOME | Next »