FC2ブログ
2018/02/15.Thu

いよいよ春!憧れの陶芸生活始めてみませんか🌸

今日は、嬉しいくらいの暖かさでしたね!!!
マフラーもコートも放り投げて、ウキウキ大学通りをお散歩💕
1月下旬にはこんなだった大学通りの梅の木

今日はこんな感じ

春の足音がしっかり聞こえます♪

2月は、陶芸教室も大賑わいです。皆さまやる気満々!制作中の作品保管箱満杯です!!

この日は、主宰 柚木寿雄による、『陶人気講座』S谷さんの奥様は、器よりも陶人形をご主人に作って欲しいそうです💕

主宰直々の講座は大人気です!S川さん、制作手順を聞き逃さないようにと、真剣な表情。

粘土で陶人形作り♪楽しいです!

可愛く出来ました🐶

主宰の作る、葱坊主の妖精「ネギ朗くん」。これも教えてもらえますよ(o^^o)

久しぶりに顔を出してくれたKさん。自宅に窯もお持ちですが、工房での作陶はまた違った気分になれるようです。

N島さん。スポーツ、音楽、陶芸!たくさんの趣味をお待ちで、人生を謳歌なさってます!!

大きめの丼作り。使いやすそうですね!

ご入会して3ヶ月。この日は大皿作りです。

いい手つきですね^_^

電動ろくろ大好き😘F原さん

超人技のN嶋さん

こちらも電動ろくろ大好き😘💕N西さん

ずらり~、沢山作りました!!

たたら作りでニュアンスある器作りがお上手なY下さん。

織部と白マットの四方皿!焼き上がりが楽しみですね。

絵付け大好き、Eさん。

優美な作品たくさんお作りのS原さん

ご入会してちょうど1年、K林さん。この日は、愛犬の器作りです。

ワンチャンの肉球の彫り🐶可愛いです。

今年で4年目♪Y本さん。卵のような物をたくさん作っているようですね(^。^)これらが合体されてなんとも可愛い置物が出来上がります(ᵔᴥᵔ)

陶芸とiPad大好き、O方さん(写真右)仲良しの相方F川さんが昨年末で退会され、少し寂しそうですが、陶芸熱は益々上昇中です👌
F川さん(写真左)は、丸10年、横浜から週3回、片道1時間半かけて工房に通ってくださいました。ありがとうございました😊 また顔を見せにいらしてくださいね。

陶芸教室には他にもたくさんの、のんびりした楽しい仲間がいらっしゃいます。
生活に潤いが欲しい方🙋‍♀️陶芸おススメです。
まったく初めての方でも、2019年に工房開設30年を迎える実績と、信頼・安心「くにたち自游工房」独自のスペシャルな基礎陶芸カリキュラムをご用意しておりますので、是非お越しください(o^^o)
陶芸体験からのお試しもおススメです💕作品お引き渡しから1ヶ月以内のご入会で
入会金 1万円→半額5000円!!
春のご入会♪お待ちしております(o^^o)
日々のこと(所属会員さんの様子など)
2018/01/06.Sat

N尾さん♪ご連絡お待ちしております(o^^o) 解決しました!

昨日より、2018年の工房営業始まり、年末年始ウズウズとしていた皆様に連日お会いし、日常のリズムを取り戻しつつあります!
今年も和気藹々に陶芸楽しみましょう♪
さて!ご主人の海外赴任同行に伴い、陶芸教室を離れていらしたN尾さんからご帰国の旨、年賀状いただきました。おかえりなさい!!
早速、年賀状のお返事をしたのですが・・・。
なぜか戻ってきてしまいました。

N尾さ~ん(o^^o)
工房メール宛にまた、ご連絡くださいませ。
宜しくお願いいたします。
>>続きを読む
日々のこと(所属会員さんの様子など)
2017/12/03.Sun

今日は高林万里先生の命日♪陶芸体験、陶芸教室たくさんお越しいただきました!

今日は、とっても清々しい秋晴れでしたね!

大学通りのイチョウ並木も鮮やかに黄葉し、工房までの道のりも足どり軽くウォーキング日和でした^_^





本日の陶芸体験のお客様、YさんとIさん♪
お越しいただきありがとうございました!!先生命日のお茶タイムにもお付き合いいただき、感謝いたします



Yさんはご自宅のマグカップが割れてしまったそうで、マグカップ作り、Iさんは湯のみをお作りになりました。


手作りのカップ、仕上がりが楽しみですね!


湯のみも、たっぷりお茶が飲めそうなダイナミックな雰囲気漂います!


電動ろくろ体験のお客様もいらっしゃいました!


本日12月3日は、6年前にお亡くなりになった、工房の高林万里先生の命日です。1989年に、くにたち自游工房を主宰 柚木寿雄とともに立ち上げ、22年間工房の指導主任として活躍なさいました。
数年闘病なさりながらの陶芸生活ではありましたが、亡くなる1ヶ月前の天下市も一緒にテントに立ち、最後の最後まで、工房ファースト!!の人生を全うされました。女流陶芸を結成し、その代表者である坪井明日香先生の一番弟子でもあります。女子美術大学付属中学、高校(東京都杉並区)に通い、その後40数年余りの陶芸人生!!素晴らしいです!!!
万里先生の遺志は、しっかり受け継ぎ頑張ってますので安心してください💗


陶芸教室に本日お越しの会員の皆様~。みんな陶芸楽しんでおります!

先月ご入会のKさん


今年の夏ご入会のSさん


今年から電動ろくろを始め、あっという間に上達し、依頼制作を受けるまでに急成長のYさん


工房には3年目。地道に頑張るFさん。先月ご結婚なさいました!


お父様と二代で万里先生の指導を受けたSさん


工房所属10数年のベテランKさん


先月末、万里先生の闘病期間から、工房を8年間スタッフとして支えてくださった高橋さんが、工房をお辞めになりました。本当にありがとうございます。




子供達の指導も沢山してくだいました♪寂しくなりますね(>_<)


たくさんの思い出とともに、これからも工房を思い出してくださいね。ありがとうございます。


工房は、2019年、創立30年を迎えます!

今後ともお引き立てのほど、宜しくお願いいたします。
日々のこと(所属会員さんの様子など)
2017/09/19.Tue

くにたち自游工房の「游」の字の由来

くにたち自游工房さんの「游(ゆう)」の字は、どういった意味があるのですか?とよく質問を受けます。
「およぐ」と入力すると出る漢字です。
游の漢字に「水遊び」という意味があるということで、陶芸も土と水で遊ぶので
7年くらい前に、国立を平仮名表記にする名称変更の際にあわせて変えました。
変更前 → 国立・自遊工房
変更後 → くにたち自游工房
以前は、国管轄の多摩地域の出張工房なのかと勘違いする方々からのお問い合わせも多く、名称変更して本当に良かった^_^と思う今日このごろです。
日々のこと(所属会員さんの様子など)
2017/01/17.Tue

浦田かつえさんのこれから、楽しみ💕

前のブログ記事でご紹介した、作家デビューが決まった浦田さん。
これまでたくさんの作品を制作してきました。月4回・週1回のペースで通い、8年のあいだに、その時期ごとに担当する指導スタッフそれぞれから、しっかり学び、腕を上げてきました。
この1年は作品ファンの方々からの受注制作で充実した日々を送っていらっしゃいます。
最近の工房での制作風景。
花差しのオーダーを受け、作品3個出来上がりました。

2個出来上がり、3個目の制作をしている際の様子をご紹介~

空気をしっかり抜いた粘土を、のし棒を使って板状に伸ばします。塊の粘土の空気を抜く作業も浦田さんご自身がなさいます。


フリーハンドで形を切り抜きます。

石膏型にのせます。

こちらは、花差しの部分。ポンスで穴をあけます。穴の間隔も慎重に自由に!浦田さんの感覚で♪

私が驚くとともに感動したのが、ポンスに詰まった粘土を、竹串を使ってスポーンと出す作業がスムーズなこと!!制作に必要な作業に没頭して繰り返すことで、難しいかなと思われる動作でもすんなり。

こちらは1年半ほど前の作品群です。
浦田さんの大好きな方々が描かれてます。

釉薬を掛ける作業も、もちろん自分で。

ドボーンと浸して
 
持ち上げて

釉掛け完了~!

手びねりして制作した作品の形を整える「削り」の作業。かぎべらで削ります。これまで長い期間通っていただくなかで、浦田さん仕様の道具を作ったほうがいいかなぁと常々思っていました。それが!!1年ほど前から、浦田さんご自身の手が、市販の道具をスムーズに扱えるように変化してきたのです!!驚きました。



今は、道具を使いこなし、より作品が洗練されてきました。

制作した作品の素焼きが終わったら、絵付けです。
カラフルなお碗や小物入れ。

マスキングシートを使用して、浦田さんのイメージにより近づく工夫もしてみました。

青い屋根!素敵!!


こちらが焼き上がり!

わんちゃんだったかな?ねこちゃんだったかな?表情が可愛い!

上記で紹介した作品は、全てお買い上げいただき済み等で、浦田さんの手元には残っておりません。リクエストでの受注制作も承ります!
浦田さんの新作。楽しみにしていきましょう。
よろしくお願いいたします。
陶芸作品取り扱いいただくショップ
チャレンジショップ「SOU」(代表者 友田 由香) 
営業日 : 11:00~18:00 定休日 日曜日(臨時休業等あり)
住所 : 立川市柴崎町3-8-10コラボ1F
TEL 042-595-8713 FAX 042-595-8713
日々のこと(所属会員さんの様子など)
 | HOME | Next »