2016/07/31.Sun

「第16回全国こども陶芸展inかさま  」表彰式へ🎶(かさましこ:笠間編)

先月6月30日、「第16回全国こども陶芸展inかさま」の審査が発表され、おかげさまで、今年は、くにたち自游工房内 キッズ陶芸教室・もぐら倶楽部より4名が入賞いたしました!!
第14回、第15回、そして本年度第16回と、3年連続入賞者を複数輩出することができました🎶
おめでとうございます!!
昨年初出品した熊田原くん。B部門(小学4年生~6年生)で茨城県教育長賞を受賞し、今年はC部門(中学生)で同じ賞を受賞いたしました!素晴らしい!!
今年は「笠間市長賞」を受賞した寺中くん。この公募展は対象が小・中学生のため、今年最後の出品になりました。主催の方々にお名前覚えていただき、嬉しく、また寂しいかぎりです。先輩!もぐら倶楽部での後輩たち後に続くからね(*^^*)
寺中くん、昨年は「第15回記念審査員長特別賞」受賞、一昨年は「茨城県教育長賞」受賞と
3年連続出品・受賞の快挙となりました。これからも陶芸楽しんでいこうね。

初出品、初受賞の綾部くん!
「笠間焼伝統工芸士会長賞」を受賞いたしました。
昨年よりもぐら倶楽部では、表現力と技術力のレベル向上に力を入れていただけに、この賞を受賞した綾部くんの成長には感動いたしました。

そして!選奨賞を受賞した江橋くん🎶
小学2年生からもぐら倶楽部の一員となり、今まで、伸びやかでおおらかな作品をたくさん作ってきました。ご家族のための器や、パッと閃いたインスピレーションに導かれて勢い良く制作してきました。
そして、この度、「よっしゃーo(^▽^)o」と初出品!!見事入賞いたしました。嬉しいね💕


さて、7月29日、表彰式🎶







テープカット。毎年このシーン感動します。


お祝いのトロフィーとともに。うさぎさんたちも大喜び!最近知りましたが、月うさぎのモチーフは、運気上昇なんだそうです。

大きな表彰状~

もはや、大人の作品の風格!!

パパさん毎年笠間でエンジョイ🎶

毎年嬉しい式典に同行させてもらってありがとう💕

カラフルで元気な花瓶。一生懸命作ったね。
 
素敵だね~と声が聞こえましたo(^_-)O
じっくり観ていただいて嬉しいね。


冬にご家族で食べるみかんを入れるための器。江橋くんの温かい気持ちと大胆かつ細やかな造りが、。テーブルに映る影も素敵だね。






受賞された他のみなさんの作品。
素晴らしいものばかりでした。









陶器のなかで珍しい磁器。
新鮮だな(*^^*)


美味しそう。お箸も陶器!











茨城県陶芸美術館は、今話題のポケモンGoのポケストップになってました。
 
モンスター見つけたよ(#^.^#)


美術館の敷地内には茨城県出身の陶芸家・板谷波山を描いた映画『HAZAN』に使用されたロケセット(波山邸と登り窯)があります。





美術館内には企画展・特別展のポスターがズラリ


現代陶芸案内という企画展も開催中です。


茨城県陶芸美術館の展示を堪能した後は、毎年ご挨拶にうかがっている
桧佐陶工房http://kasama-hisa.jp/さんへ!
学生時代に工房でスタッフだった杉山さんが、こちらでお世話になって3年目になります。良い環境で陶芸三昧、羨ましいですね。
笠間で陶芸体験するなら!
是非とも桧佐陶工房さんへ!http://kasama-hisa.jp/trial_class/

そして、7月30日から8月12日まで、笠間の回廊ギャラリー門にて「小堤晶子×OZ.FACTORY展」が開催されております。元気な小堤さんにもお会いできました(*^^*)当工房出身の大出世作家・小堤さんの個展に是非皆さまお立ち寄りくださいませ!
「第16回全国こども陶芸展inかさま 」
1559点より選ばれた200点が8月31日(水)まで茨城県陶芸美術館にて展示されています🎶
今年の笠間もとても元気でした!!
もぐら倶楽部(キッズ陶芸教室 水曜・土曜 開講)
2016/06/30.Thu

Aくんの春夏秋冬

もぐら倶楽部に入会して1年半近くが経ったAくん。
基礎陶芸コースが修了したので、電動ろくろ体験をしました。

すっきりとした湯のみが出来上がり(*^^*)

そして、大きな作品を制作する技術も身に付けて、花瓶制作に取り組みました。
5歳から始めたという”書”も、陶器に盛り込みたいね、と、四季折々の絵柄と春夏秋冬の文字を入れて、華やかな作品作りを楽しみました。「書道と陶芸」「絵画と陶芸」「茶道と陶芸」などなど、陶芸はたくさんの分野と繋がる工芸です。

背景は呉須を吹き付けて、透明釉を掛ける準備。

花瓶だけでも重いですが、釉薬を吸った花瓶はもっと重くなる(>_<)がんばって!

本焼きして、窯の温度も100度以下になったので、大成功の確信で窯出し~

がっ*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
背景の呉須の厚さと、釉薬の厚さが不協和音を起こしてしまったようです。
発色は良いけれども、釉薬が縮れてしまいました。


そのあとのAくんが偉かった!!
Aくん「割れないで焼けただけでも凄いことです☺️」と笑顔で。
陶芸は、「一焼き、二土、三細工」と言われるように、まず一番大事なのは「焼き」。1230度の窯のなかで、しっかりと焼き上がったAくんの作品。Aくん自身がしっかりと制作過程と焼き上がりに満足して受け止めていました。
Aくん「もう一度作りますよ☺️」
頼もしい!!
早速、2作目の制作に取り掛かりました。
1作目の制作工程がすべて身体に染み込んでいるので、集中すれば、作業は早いものです。


1作目より、すっきりと積み上がりました。

重さも調整して、削りの作業。

白泥を生の素地に化粧掛け。

化粧土が程よく定着した1週間後。いよいよ、掻き落としで図案を描きます。フリーハンドでどんどん描き進めます。


春の風物詩

夏の風物詩

秋の風物詩

そして冬の風物詩

四季折々。日本っていいねぇ~。
しっかり乾燥させたあと、素焼きします。
素焼きがあがったらカラフルな下絵付け。色とりどり、ウキウキします。

呉須で”書”

釉掛け


しっかり透明釉が掛かりました。

そして、本焼きが終わり、窯出し!!

うぅ😂見事な焼き上がりが見えました!!

釉薬を掛ける前の下絵付けのビフォーと本焼きあがりのアフターの感動の嵐🎶
ビフォー

アフター

ビフォー

アフター

ビフォー

アフター

ビフォー

アフター

1作目より、断然完成度の高い作品を仕上げることができたAくんに大きな拍手!!
この作品で、公募展にのぞみます。初参加です!!!
もぐら倶楽部(キッズ陶芸教室 水曜・土曜 開講)
2016/06/30.Thu

大皿と陶製の皿立て!

月に見立てた大きなお皿!Kくんの作品です。

そして、皿立ても陶で作りました。
バックには、秋を思わせる風景を描きました。

見事に焼き上がったこの絵皿を飾るための皿立て。陶だったらカッコいいね✨と、難しい形にも関わらず見事に出来上がりました!ばっちり焼き上がって嬉しいです(^ω^)
ではでは、絵皿の成形からご紹介いたします。
大きなお皿を作りたい!
大胆に黙々の粘土紐を積みます。

しっかりコテをあてて、表面を整えます。

裏の削り。大作を作るのって、とっても楽しい💕

真剣に、絵皿に描く図案を考えるKくん。


白土に化粧土をして、掻き落としの技法で考えた図案を描きます。削って描くことで、文様に立体感が出ます。

月に見立てた大皿の真ん中に、餅つき兎。その周りには、日本の行事や季節を表す文様を配置しました。

絵柄に彩色です。

ウキウキと楽しい作業。

縁を弁柄で細く描き、お皿の印象を引き締めます。

下絵付け完成!紫色の部分は、釉掛けの際に、白い部分をカバーするために、撥水剤が塗られています。本焼きの焼成により蒸発します。

優しい雰囲気を出す、土灰釉の酸化焼成。もぐらっ子たちに大人気の釉薬です。
たっぷり樽に釉薬を入れて釉掛け準備。

どぼ~ん。釉掛け!

釉薬の重さが加わって重くなるよ。よっしゃ頑張った!!

そして、本焼き焼成~。焼き上がり~o(^▽^)o

次は、皿立ての成形。
粘土を板状にして、たたら成形で作ります。

組み立て。

その後、組み立てたものをしっかり乾燥させ、素焼き完了!

裏面に風景を描きます。
涼やかな秋をイメージしながら描きます。

絵付け完成。手前はススキです。風景に奥行きが出てるね。

釉掛け。

釉掛け完了。

そして、皿立ても本焼きして、完成!!

Kくんは、今年で2回目の公募展挑戦です。
制作手順をきっちり計画通り進めて作った、渾身の大作!
たくさんの人に観てもらいたいね!!
もぐら倶楽部(キッズ陶芸教室 水曜・土曜 開講)
2016/06/29.Wed

冬にこたつで・・・

これから梅雨があけて夏が来るという、今日この頃に、まだ気が早すぎますが(^^;;
Aくん、冬にこたつの上に置く、みかんを入れる編み皿作りたい!と。

たくさんみかんが入れられるように、大きめの編み皿制作。スキマがうまく保持できるように、石膏型を土台に使用します。
 
編みながら、しっかり形を作っていきます。

勢いよく制作していきます。

高台の部分も丁寧に作りました。

成形完成~o(^▽^)o

乾燥後、素焼き終了~。左は、同時進行に制作している大皿。

うっすらと黄土色の風合いを出したいと、土灰釉を選び、掛けます。

釉掛け後、裏の処理。窯の棚板にあたる部分についている釉薬を刷毛で剥がします。

釉掛け完成!

紐状の作品の本焼き。700度の素焼きまでは大丈夫としても、1230度の本焼きに、この形状が耐えられるのか(>_<)心配なので、またまた大活躍の童仙房で、踏ん張りキューブ作成して設置!

いよいよ本焼き~。
ビフォー

アフター🎶
いつみても、焼成のビフォー&アフターは、最高にドラマティック!!

本焼き大成功!器の大胆な造りと控えめな色調が、みかんを引き立ててくれそうだね。たくさん、みかん入るよ(^_^*)

裏もこんなに綺麗。グリーンが出たね。

Aくん、工房所属6年目。
今年初めて、この作品とともに公募展に挑戦します。
いい結果になるといいね!
もぐら倶楽部(キッズ陶芸教室 水曜・土曜 開講)
2016/06/08.Wed

「第16回全国こども陶芸展in笠間」いよいよ出陣!!

出品申し込み期限が迫る!「第16回全国こども陶芸展in笠間」
申込期間/平成28年5月6日(金)~6月10日(金)※消印有効

本日、無事ラストの作品も焼き上がり、いよいよ出陣です!!

日曜日、本焼き(酸化焼成)窯詰め&窯焚き。(スタッフ・頼則さんいつもありがとう💕)


そして、本日窯出し。ドキドキ。大丈夫そうな気配。

お地蔵さまに囲まれて、窯内1230度の世界を楽しんできたTくんの花瓶。見事な焼き上がりです。ホッとしました。

もぐら倶楽部から、この公募展は3年連続の出品で、今年は最多の5名参加。そして、全員中学生~。
この春に新生活を迎えた部員も多くいたなかで、元気に工房に通い、作品作りに打ち込んだみんな、偉い!!






明日申込書を郵送して、来週作品を現地に発送いたします。
嬉しい報告を待っていましょうねo(^▽^)o
工房会員の皆様の暖かい励ましやスタッフたちの協力のもと、今年も公募展に出品できること感謝しております。いつもありがとうございます(*^^*)
もぐら倶楽部(キッズ陶芸教室 水曜・土曜 開講)
 | HOME | Next »