2016/06/30.Thu

Aくんの春夏秋冬

もぐら倶楽部に入会して1年半近くが経ったAくん。
基礎陶芸コースが修了したので、電動ろくろ体験をしました。

すっきりとした湯のみが出来上がり(*^^*)

そして、大きな作品を制作する技術も身に付けて、花瓶制作に取り組みました。
5歳から始めたという”書”も、陶器に盛り込みたいね、と、四季折々の絵柄と春夏秋冬の文字を入れて、華やかな作品作りを楽しみました。「書道と陶芸」「絵画と陶芸」「茶道と陶芸」などなど、陶芸はたくさんの分野と繋がる工芸です。

背景は呉須を吹き付けて、透明釉を掛ける準備。

花瓶だけでも重いですが、釉薬を吸った花瓶はもっと重くなる(>_<)がんばって!

本焼きして、窯の温度も100度以下になったので、大成功の確信で窯出し~

がっ*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
背景の呉須の厚さと、釉薬の厚さが不協和音を起こしてしまったようです。
発色は良いけれども、釉薬が縮れてしまいました。


そのあとのAくんが偉かった!!
Aくん「割れないで焼けただけでも凄いことです☺️」と笑顔で。
陶芸は、「一焼き、二土、三細工」と言われるように、まず一番大事なのは「焼き」。1230度の窯のなかで、しっかりと焼き上がったAくんの作品。Aくん自身がしっかりと制作過程と焼き上がりに満足して受け止めていました。
Aくん「もう一度作りますよ☺️」
頼もしい!!
早速、2作目の制作に取り掛かりました。
1作目の制作工程がすべて身体に染み込んでいるので、集中すれば、作業は早いものです。


1作目より、すっきりと積み上がりました。

重さも調整して、削りの作業。

白泥を生の素地に化粧掛け。

化粧土が程よく定着した1週間後。いよいよ、掻き落としで図案を描きます。フリーハンドでどんどん描き進めます。


春の風物詩

夏の風物詩

秋の風物詩

そして冬の風物詩

四季折々。日本っていいねぇ~。
しっかり乾燥させたあと、素焼きします。
素焼きがあがったらカラフルな下絵付け。色とりどり、ウキウキします。

呉須で”書”

釉掛け


しっかり透明釉が掛かりました。

そして、本焼きが終わり、窯出し!!

うぅ😂見事な焼き上がりが見えました!!

釉薬を掛ける前の下絵付けのビフォーと本焼きあがりのアフターの感動の嵐🎶
ビフォー

アフター

ビフォー

アフター

ビフォー

アフター

ビフォー

アフター

1作目より、断然完成度の高い作品を仕上げることができたAくんに大きな拍手!!
この作品で、公募展にのぞみます。初参加です!!!
もぐら倶楽部(ジュニア陶芸教室 水曜・土曜 開講)
 | HOME | Next »