FC2ブログ
2018/08/27.Mon

『第12回 夏休みだ!粘土で遊ぼう』今年も無事終了(^ω^)

8月も残すところあとわずか!
『夏休みだ!粘土で遊ぼう』にご参加くださった皆さまの作品のお引き渡し、昨日をもって、無事完了いたしました。
今年の夏も、一年ぶりの再会や新しいたくさんの出会い☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆ありがとうございました。


去年に続き、今年もイベント掲載させていただいた『夏夏夏休み大作戦』からもたくさん来ていただきました!ありがとうございます♪

皆さまのお預かりしていた作品の、完成までの工程、ご紹介いたしま~す!自由研究作品提出の子は、参考にしてね。
完全に乾燥した作品は、まず、素焼きされます。8時間かけて800度まで温度を上げ、その倍の時間16時間かけて冷まします。トータル24時間かけて作品が素焼きされます。

はい!こちらが24時間後。アッチッチ!!色が変わったのわかるかなぁ。
成形したときは、グレー色をしていた粘土が肌色に近い色になりましたね。信楽の白土と呼ばれる粘土は、素焼きすることで、有機物が燃やされてなくなり、このような色に変化されます。ワークショップ中にも、みんなにこのお話はしましたね。有機物は、粘土のなかにある、ミクロ単位の目に見えない虫の死骸や葉っぱなどです。

はいズラリ~。ご参加くださったみなさんの素焼き後の作品。

1枚の画像に全部は収まりきらなかった(^◇^;)

素焼きの作品に、透明に焼き上がる釉薬を掛けました。絵が消えたー。
いよいよ本焼きです。
16時間かけて1230度まで窯の温度を上げていきます。その後、倍の時間32時間かけて冷まします。トータル48時間!!長旅~

48時間後。ドキドキ!!!!焼き上がりました~。




窯上がりの皆様の作品!ご紹介いたします(^-^)
お一人お一人、個性溢れる図柄。見ていて楽しいです!!!







ご遠方から来てくださった方々への発送もバッチリ!!

そして、昨日、おとといは、工房にて直接のお引き渡し。数週間ぶりのお子様たちとの再会は、とても嬉しいものです。
『夏休みだ!粘土で遊ぼう』の企画は、今年で12年目♪
午前10時半に集合し、お昼ご飯休憩を挟み、午後1時半までご一緒できる、一年に一度っきりの、スペシャルな陶芸企画です🐠
お一人参加のお子様でも、お友達同士でも、ご家族そろってでも、全員が夢中に楽しんでいただけるよう、毎年万全でお迎えしております。
今年も、楽しい夏のひとときをご一緒させていただきありがとうございました。可愛いお皿で美味しいものをお腹いっぱい食べて、元気に新学期を過ごしてくださいね(^-^)
また来年に会いましょう~。
夏休みだ!粘土で遊ぼう(自由研究は陶芸(コレ!)で決まり!!)
 | HOME | Next »