2018/01/30.Tue

グングン成長中!もぐら倶楽部の新人部員達^_^

寒さが一段と厳しく感じられる今日この頃ですが、「キッズ陶芸教室 もぐら倶楽部」の子供達は元気に工房に通っております!
昨年夏に開催した『夏休みだ!粘土で遊ぼう』に参加してくれたメンバーから、小学生 3名が夏休み明けの9月から入部してくださいました。
中高生が主流だったもぐら倶楽部の若返り!!に貢献!!!ありがとう😊
陶芸を始めて4ヶ月♪いろんな作品作りを通して、三人三様それぞれ個性が出てきました^_^
入部したばかりのキンチョーSちゃん。

こちらはマイペースAちゃん

Sちゃん、Aちゃんのお兄さん的存在!Yくん。

基礎カルキュラムに準じつつ、自由に好きなものも制作。

前回作った湯呑みをもう一度復習。

おうちで使うお皿。縁は、ウェーブの形にしてみました。

次の週に、程よい硬さになった作品の削り作業。
シェイプアップして、形を整えます。

入部してちょうど2ヶ月の頃。
制作した作品の素焼きが出来上がりました。

ヒビや欠けているところはないか、しっかり点検して、素焼きしたことで表面に出てきた小砂利をヤスリで取り除きます。

丁寧にヤスリかけ
 
マグカップの取っ手は本焼きあがりまで触らないようにね~

裏もしっかり点検

点検、掃除の済んだ素焼き作品をいよいよ釉薬に浸します!!
釉薬のかき混ぜ~。
数種類の天然材料や顔料となる金属の粉末が水と一緒に入っている釉薬のバケツ。
しっかりかき混ぜてね~。

ダマもなくなり、しっかりかき混ざったら、いよいよ素焼き作品の釉掛け!

ドボーン!!わぁ!初めての感覚!!!

うわぁ~^_^ 面白い!!

釉掛けが済んだら、裏の処理です。
  
剥がしバケを使って、畳つきの部分の釉薬を剥がします。そのままにして窯に入れると、棚板に溶けてへばりつき、焼き付いてしまうんです(⌒-⌒; )

どぉ~ん!しっかり釉掛けできました。
これらの作品は、その後1230度の本焼き焼成をして、写真手前の見本の器のような、ツヤツヤの焼き物になります。

こちらは先月の様子。
陶芸にも工房にも慣れ、伸び伸びと、自分の作りたいものに夢中で制作するSちゃん
 
釉掛けも自分で出来るようになりました!凄い!!

集中力の高さとマイペースを生かし、小学生にはなかなか難しいであろう、壺作りで才能の片鱗を見せるAちゃん。

いつもニッコニコ

Yくんも壺作りに挑戦!

薄く上手に作れています^_^

ものづくりが大好きな実力派先輩たちも優しいよ♪ 

くにたち自游工房内「キッズ陶芸教室 もぐら倶楽部」 小学1年生から入部できます。
2018年も引き続き、新入部員 大募集中~(o^^o) 

優しい講師陣がお待ちしております♪お気軽にお問い合わせください。
もぐら倶楽部(ジュニア陶芸教室 水曜・土曜 開講)