FC2ブログ
2019/08/11.Sun

「第13回夏休みだ!粘土で遊ぼう」型おこし編

今日も暑い一日でしたね!!
工房は、朝一番から夕方まで、夏休みの陶芸体験のお客様で賑わいました!お越し下さった皆様、ありがとうございます。
「夏休みだ!粘土で遊ぼう」は成形技法「型おこし」編
Mちゃんが参加してくださいました。中皿2枚が完成!!

「型おこし」成形の巻
制作風景ご紹介~
丸めた粘土を均一な厚さにします。まずは手で軽く叩き

のし棒で仕上げ

中皿2枚を作ります♪
型紙を使って、お皿のサイズに型抜きします。

なめし皮(鹿の皮)を使って、縁を綺麗に整えます。

いよいよ「型おこし」!
中皿用の石膏型に粘土くっつき防止の片栗粉をパタパタ
陶芸制作で使用する材料や道具は、土から全て、お子様から大人まで、安全に楽しめるものばかりです(^-^)v

上手にのせることが出来ました。
まだ粘土は軟らかいので、形になるのはこれからです。

お天道様のパワーをいただき、お皿のかたち作り。8月は本当に、太陽☀️さまさまです。

そのあいだに、図案を準備しましょう!!

一枚は夏野菜、もう一枚は夏の花の向日葵と紫陽花

図案も完成し、お昼休憩を済ました頃に、ちょうど良くお皿が形づくられました。
次の工程開始!まずは白化粧を施します。

粘土にそのまま描くことも可能ですが、あえて白化粧を施すことで、「掻き落とし」という陶芸技法を、お子様たちに知っていただく機会にしております。絵柄の背景に刷毛目がうっすら見え、味わいのある作品に仕上がります。

お好みの色をパレットに準備して

描きます。夏の花を真ん中に描き、お皿の上部には、白い雲と青空&太陽を描きました。直接描きながら、新しく湧き上がったイメージも付け加えて、夢中で描いていらっしゃいました。

こちらの絵柄も最高です☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
キュウリを馬、ナスを牛に見立てた、「精霊馬」の絵柄。お盆休みの陶芸体験にぴったりのアイディア💡ですね💖
緑の長いのは、ホースだそうです。
水浴びをする、ご先祖様。気持ち良さそうです^_^

Mちゃん、今日はお越しいただきありがとうございました😊次回は、電動ろくろ編の挑戦もお待ちしております。
焼き上がりを楽しみにお待ちしております。
夏休みだ!粘土で遊ぼう(自由研究は陶芸(コレ!)で決まり!!)