FC2ブログ
2019/08/27.Tue

怒涛の夏休み!第一陣焼成お引き渡し完了いたしました^_^ 「夏休みだ!粘土で遊ぼう」編

涼しくなりましたー。
食欲の秋🍇が始まりますね^_^熟睡して、お腹すきます・・・
今年は、「夏休みだ!粘土で遊ぼう」の方のご参加者は、例年に比べて少なかったのですが、自由制作でのご参加者(*焼き上がりは9月以降になります)が多数いらっしゃり、のべ40名近い、幼児、小学生、中学生のお子様たちに陶芸を楽しんでいただきました。
暑い中、皆さまお越しくださいいただきありがとうございます。子供時代の思い出として、作品とともに、工房を思い出していただけると嬉しいです。ご参加くださったお子様に楽しんで陶芸に触れていただき、将来、陶芸を通じてまたそのお子様のお子様にも会える日が来たりなんかして😘、とご指導だけでなく、お子様達のご成長も楽しみに、皆さまを思い出しております。
「第13回 夏休みだ!粘土で遊ぼう」にご参加くださった皆様の焼き上がりご紹介~。
今年は、昨日から小学校始まったところも多いようで、自由研究お助け隊として、工房も頑張りました!無事日曜日にお手元に届いていることと思います!!
工房に引き取りに来てくださったお子様達も元気なお顔を見せてくれてありがとうございました😊
こちら、素焼き800度からの窯出し風景。
制作していただいた時の、ネズミ色は焼き飛び、本来の粘土の色、ベージュ系になっております。コネコネする時に使う粘土(信楽の白土)、なんでネズミ色なんですか??多数ご質問いただいてます。このネズミ色は、微生物の死骸や枯葉などなどの粘土に含まれるている「有機物」の色です。なぜ粘土がコネコネできて形を作り、その形が保たれるのか、100パーセント正解の答えは現在も解明されていないようですが、一般的に、この「有機物」がコネコネできる良い作用をもたらしていると言われています。

素焼きあがりの作品に、透明に焼き上がる釉薬を掛け、1230度で本焼き焼成。
鮮やかに焼き上がりました!!飛行機ブンブーン

お花や蝶々や、パステル調で可愛い

夏らしい2作品。今年の夏の思い出になりましたね。

工房史上お初!Tik Tok 文字入り作品。時代を表してますねー 

難易度の高かった壺の素焼きあがり。無事形を保っておりましたー。ホッと一安心


蓋とともに、釉薬掛け

1230度の高温で、見事に形も保ち、見事な壺が焼き上がりました👏 蓋の取っ手のところにいるのは「カエル🐸」さんです。


恒例の「夏休みだ!粘土で遊ぼう」に今年からプラスした「電動ろくろ」バージョン。ご参加くださったお子様の作品も素晴らしく、また来年も実施予定です♪ 
今年ご参加くださった皆様。ありがとうございました。
夏休みだ!粘土で遊ぼう(自由研究は陶芸(コレ!)で決まり!!)