2011/12/14.Wed

万里先生






過日お知らせしましたが、去る12月3日、高林万里先生がお亡くなりになりました。あの優しい笑顔に会えないことが、いまだに信じられません。
2年ほど前から病魔と闘いながらも、笑顔を絶やさず、前向きで、周りの皆を勇気づけてくださっていました。11月上旬の天下市参加の際も、きっとお辛い体を無理なさっていたでしょうに、準備、設営、販売すべてリーダーとして仕切っていただきました。これを区切りに、工房のお仕事はご引退なさって、ゆっくり陶芸や会員さんと向かい合いたいとおっしゃっていた矢先の訃報でした。
私たちは、ただただ万里先生の安らかな旅立ちを心から願うのみです。
万里先生、くにたち自游工房創立から24年間、最後の最後まで現役で全うされお疲れ様でした。そして、これまでのご指導ありがとうございました。
18日(日)のお別れの会、出席ご希望の方、申込締切は本日までです。工房までお知らせ下さい。
11月の天下市の打ち上げの際の万里先生を、会員のO方さんが撮影してくださっていました。写真に残る最期の姿です。万里先生に見守られ、いつものように工房では皆さん作陶に励んでおられます。
他にも、S月女さんが撮影してくださった万里先生の優しいお姿や、近年の展覧会等の溌剌元気な万里先生をS木S子さん(イラストレーターSonojiさん)がイラストとともにアレンジしてくださってB4版に仕立ててくださっています。これらは、お別れの会で展示いたしますので、どうぞご覧下さい。
万里先生の闘病期間は、工房の会員皆様、そしてスタッフに支えていただいた期間でもありました。本当にありがとうございました。そして、今後とも宜しくお願いいたします。
お知らせ