2014/01/09.Thu

工房ってどんなとこ?

日に日に寒さが厳しくなってきましたね。今夜は、雪かも??とか。

年末までは、午前中はストーブなしでも、穴ぐらってけっこう温かいね~みたいに大丈夫だったのが、さすがに今日あたりは寒い((+_+))ので午前中からストーブ必須でした。

平成元年より営業開始している当工房。ちょうど、26年目突入です!
その間何百人単位(トータル千人超えてるかもですね)の方々に出入りしていただき、たくさんの旧会員さんが、ちょくちょく顔を出してくださったり、工房ブログを見てくださって、「楽しそうですね~(^-^)」と言ってくださったり、励みになっております。

どんなとこかといえば!まずは、地下の工房です(*^^*)

4階建てのマンションの地下に降りて、ここが扉だよ、とドアを開けて左手にこの風景♪変わらない風景~。


入った時はちょっと暗いです。主宰・柚木寿雄が奥に進むとパァ~と明るい広がったスペースを強調したいからと。確かに、作業スペースは広々しています(^o^)v

少し図々しいかもしれませんが、当工房の匂い、空気の感覚、益子最大の窯元・「つかもと」さんに似ています。

昨年の夏に益子を旅行した際の写真をご紹介いたします。

大自然に囲まれた益子。素晴らしいところでした。


「つかもと」さんの工場見学ができます。


滑車がついた台で窯に投入~。大きい窯です!


立派な登り窯!


益子焼きのぽってりとしたところや、トルコブルーのようでそうでないような、深みのある美しい青色の青磁釉など、懐かしい気持ちになりますね。


わあ!凄い!信越線横川駅の「峠の釜めし」のお釜さんですよ♪食べ終わった後持ち帰って、自宅に何個もあるという方多いと思います。出荷前、いい雰囲気。


益子焼き、素敵です


工場見学の後は、作家館に立ち寄りました。うん十万円の器を持たせていただいたり、うん百万円の作品を、ゼロの数かぞえながら見て回って楽しかったです(*^^*)約200人ほどの作家さんの作品を扱っていらっしゃるそうです。
益子全域には、約400人ほどの陶芸作家さんが在住とのお話も聞きました


くにたちの「つかもと」!!くにたち自游工房~。

ちなみに、今はオヤ~( ̄∇ ̄)と思われるかもしれませんが、主宰の柚木寿雄、かつては、くにたちのトムクルーズ!?と呼ばれていました。by 旧会員さん自称・昭島のロバート・デニーロ=M田さん

工房見学、陶芸体験(水曜日~日曜日午後1時~5時)受け付けております。お問い合わせお待ちしております(〃^ー^〃)

陶芸体験(大人)
1回体験(成形)  3000円(粘土代込)
3回体験(成形・削り・釉掛け) 6000円(粘土代込)

陶芸体験(子供~中学3年生)
1回体験(成形)  2000円(粘土代込)
2回体験(成形・釉掛け) 3000円(粘土代込)


初めて粘土を触るかたも大歓迎です♪
お知らせ