2011/06/22.Wed

こども陶芸

昨日、今日と暑さが続き、梅雨時に体調は大丈夫かな?と、こども会員さんたちの心配をしたのも束の間、早々に日焼けしたお顔で今日も元気に子供たちがやってきましたo(^-^)o
S君は「今日は箱ものとサイコロ作るぞぉ」オー!っとやる気満々。「サイコロは、全部の長さがきっちり均等でないと、確率も均一にならないから粘土で作るの難しいね」と私が言うと、「いいんだよ。転がして出にくい所を6にして、出やすい所を1にするから」ですって。なんて頭が柔らかいんでしょう。そうですよね。それでいいんですよね。毎週毎週、こども達からナルホド~ということを教えてもらっています。私が感心していると、S君は「ここに来てるから、学校のことで色々役立ってる。アイデアの出し方とかね」と嬉しい言葉を頂きました!確かに、粘土をこねて、それをカタチにしていく訓練を、毎週しているわけだから、指先から脳みそも鍛えられて、ダイナミックな想像力+創造力に繋がっているのかもしれませんね。通い始めて1年半近いS君、こども陶芸教室の本意をわかってくれているんだな、と大変嬉しく思いました。



さてさて、T君は、先週の続き、オカリナ制作。今日は、先週、形作ったものを半分に割って、中をくり抜きました。そして、吹口を開けて、半分に割ったものを接合してから、試し吹き。う~ん、音が抜けてしまう…。
吹口の角度が少しでもズレると音がうまく出ないオカリナ。また来週調整してみましょうね♪



以前N君が作った、金魚の隠れ家。生後2か月の赤ちゃん金魚たちに大人気だそうです。隠れたり、窓からくぐり抜けたり楽しそうですね。たまに、金魚鉢を作りたいというお子さんもいるのですが、飼育するとなると、ある程度の大きさのものとなるので、あまりお勧めしていません。こういう隠れ家だったら、お手軽でいいですね。




もぐら倶楽部(ジュニア陶芸教室 水曜・土曜 開講)