2015/08/04.Tue

「第15回全国こども陶芸展inかさま」B部門受賞者2名の作品制作工程

「第15回全国こども陶芸展inかさま」B部門受賞者2名の作品制作工程ご紹介です(^-^)

茨城県教育長賞
B部門(小学4~6年生)

氏 名:熊田原 大輝
作品名:楽しいスキー場
学校名:東京都国立市立国立第二小学校 6年

3月下旬に、公募展出品への大きな夢を膨らませながら、楽しかった春スキーの体験をデッサンしました。


さっそく土台作り!熊田原君、昨年の6月にもぐら倶楽部の部員になり、そのころ大作を仕上げる仲間たちの様子に目をキラキラさせていました。


たたら成形でシャープなイメージのフィールドに対して、雪山はひも作りでのびのびと作りました。


丁寧な手仕事、とっても楽しんでます(^^♪


雪だるまがスキーしたり、かわいいコテージがあったり、こんな雪山、行ってみたいな!




配色は慎重に。部員たちは、紙面に描いてから作業にとりかかります。


白マットの釉薬にどぼ~ん。気持ちよさそうな、雪だるま。


コテージの色付け。






さてさて、おおがかりな雪山の絵付けです。


山頂まで進むゴンドラ、4時間かけて描きました。とってもとっても集中して頑張りました。






雪山に白マットの釉薬を吹き付け。




無事焼き上がりました。隆々とした雪山。


裏側もきれいに仕上がりました。


水色の釉薬で表現した空と、ゴンドラ、雪の斜面。あちらこちらから、観る人が楽しめる作品に仕上がりました!


お次は!!

茨城県工業技術センター窯業指導所長賞
B部門(小学4~6年生)

氏 名:佐藤 友
作品名:静かな町
学校名:東京都国立市立国立第二小学校 6年

4月の上旬から取り組みはじめました。佐藤君は、今回の出品にあたり、すでに構想が決まっていたので、


成形の完成は、あっという間!!

大作の制作と同時進行で制作していた車が焼き上がり、のんびり仲間と談笑中。


仲間たちと並んで、黙々とそれぞれの作品作り。幸せです(^◇^)


パーツの素焼きがあがりました。さて、これからは、少し緊張感をもって、配色を決めます。


彩色したパーツを透明釉で釉掛け。不思議な木のようなパーツ、倒れても大丈夫なように工夫して本焼きする準備をしました。


じゃじゃ~ん、鮮やかに焼き上がりました。


土台部分の素焼きもあがりました。車が大好きな佐藤君。出品する作品とは別で、粘土を車文字したものも焼き上がりました。


角張っているところをヤスリがけして


黒マット釉薬の釉掛け。大きなタライにどっぼ~ん。


土台もパーツ分けしてあり、土灰釉と黒マットをそれぞれ掛けました。


はい!カラフルで楽しい街の出来上がり


・・・佐藤くんの目が点(^_^;) みんなで、出品申込書の記入をしていたら、出品できる作品の組作品の点数が10点までであることが発覚(;´・ω・)(;´・ω・)(;´・ω・) でも大丈夫!


昨年度は、青い車で賞をいただいたので、今年度は赤と緑で勝負だ!と佐藤君の堂々とした決断。10パーツに絞って、キリリとしたタイトル通りの「静かな町」にふさわしい世界観の表現となりました。


3人とも毎週毎週、目の前の作品に向き合い、コツコツと完成させ、とっても立派でした。

次はどんな作品を作ろうか(^◇^)楽しみにしてます。
もぐら倶楽部(キッズ陶芸教室 水曜・土曜 開講)