2015/10/25.Sun

閃きをカタチに!

残り少ない小学生生活を大事に大事に、6年生のもぐらっ子たち、熱心に陶芸に打ち込んでます^_^






最近、閃きを作品制作に生かし、大忙しのAくん!


色とりどり美しい秋の葉っぱを拾ってきて、冬にみかんを入れる大きな器が作りたい!と。


葉っぱを丁寧にはがすと、綺麗な模様が粘土に写しとられました。


中学2年生、Yくん。大きな作品つくりに大忙しの日々が続いたなかで、しばし、リラックス~。お月見団子!陶土と磁土が半々にブレンドされた半磁土を使用して作りました。真っ白に焼きあがる予定です。


おしゃべり大好きU田くん。粘土としっかり向かいあう時間が増えてきました。


大きな作品つくりに打ち込むと、来るたびに、続き続きで進めていけるので楽しい💕集中力もついて、粘り強くなるね!


今年の3月に入会なさってから、はや半年が過ぎたT誠くん。いつもモチベーション高いなぁ。素晴らしい。大きな壺と同時進行で、鳥モチーフの花瓶も制作中。ご自宅の玄関に飾るそうです。お母様お楽しみに👵


Hくん!大きな大きな平鉢を制作してます。掻き落としの技法で、自分でデザインした絵柄を白泥掛けた器に削り描きます🎶器の制作、絵柄の準備、コツコツとたくさん時間をかけて、丁寧に制作しています。


作ることを愛する男子!Tくん。工房に通う頻度が高いので、ひと足もふた足も進んで、粘土に詳しくなってます。大人にも通じることですが、ここで言う粘土に詳しいことって、粘土の産地別の種類のことでなく、粘土の硬さ、軟らかさのことなんです。とにかく、粘土に触れる頻度が高くないと、そこはわかるようにはならない(^◇^;)

わかる男子に成長中のTくん。石膏版で柔らかめの粘土を使いやすい硬さに調整中です。こうして素材に慣れていくと、釉薬の濃さも、手の甲で確認できたり、経験値に基づく勘が作品造りに生かされたり!良いことづくめ!!


夢に向かってコツコツがんばれ~(*^^*)



今年の2月に参加して楽しかった、くにたちこども美術展は、2年に一度のイベントとのことで、次は再来年の2月だそうです。

今年、みんなで自分たちの展示された作品を鑑賞したあと、カフェで親睦会をしてとても楽しかったね。

この鑑賞会から参加してくれて、仲間になってくれたT誠くんも、すでにレベルの高い作品がたくさん出来上がっているのですぐにお披露目できなくて残念(;_;)

何はともあれ!!

毎日毎日を大事に、もぐらっ子たちが幸せなひと時を過ごせるよう、見守っていきたいと思います( ´ ▽ ` )ノ
もぐら倶楽部(キッズ陶芸教室 水曜・土曜 開講)