2017/04/12.Wed

もうドキドキが始まってます!!!第17回全国こども陶芸展inかさま

当工房のキッズ陶芸教室 もぐら倶楽部 憧れの舞台!!!
第17回全国こども陶芸展inかさま

公募のご案内いただきました。ありがとうございます😊
もぐら倶楽部からは、今年で出品4回目となります。昨年は、3年連続、複数名が特別賞をいただくという快挙を成し遂げ、喜びの年となりました。このポスターにも作品掲載していただいている、昨年笠間市長賞のTくん自身も中学生生活3年間、特別賞を連続受賞いたしました。この春から高校生♪全国こども陶芸展inかさまは卒業ですが、まだまだ陶芸への情熱は加速中です。

今年も、もぐら倶楽部一同!
ワクワク、ドキドキ、楽しみに作品制作スタートです!!!
申し込み方法等詳細は、
コチラ→第17回全国こども陶芸展inかさまからご覧になれます。
この清々しい作品は、昨年茨城県教育長賞を受賞したK君の新作です。中学生になって、運動部に励みながら、陶芸も楽しんでます(^-^)

昨年の受賞作品

キッズ陶芸教室 もぐら倶楽部は、毎週水曜日と土曜日、午後3時より開講しております。小学1年生からご入会できます。見学、お問い合わせ、いつでも承ります💌
では、部員の皆様!出品まで、体調万全にして、制作に燃えよ~(^-^)
もぐら倶楽部(キッズ陶芸教室 水曜・土曜 開講)
2017/04/02.Sun

お父さんと陶芸体験!

本日は、K谷さまに陶芸体験にお越しいただきました。今年の1月に「手びねり陶芸体験」にお越しいただき、2回目の陶芸体験です♪ありがとうございます😊
1月の陶芸体験を機に、キッズ陶芸教室 もぐら倶楽部にご入会してくださったお嬢様Eちゃんと今日は一緒に陶芸お楽しみいただきました。

こちらは、今年の1月の陶芸体験の時のお写真です。お父様は、トーストを乗せるお皿を、Eちゃんはお碗を手びねりで制作なさいました。

今回は「たたら成形」に挑戦です!
使用する石膏型です。

のし棒で粘土を均一の厚みにのばします。
その際に使用する両脇の板を「たたら板」と呼び、板状の粘土を「たたら」といいます。

のばした粘土をゴムベラで整え

好きな石膏型にのせて型起こしします。

余分な粘土を取って

お父様の大きめのお皿には高台を付けます。

石膏から外すと、もう器の出来上がりです!
作品の縁を、かぎべらで少し削って整えます。
1月にご入会なさって早3ヶ月を過ぎた基礎陶芸コース習得中のEちゃん。お父様にお手本を見せてくださいました。
とっても良い作品が仕上がりました。

大学通りの桜は、満開まであと数日・・・といった感じですが、お二人の作品は素敵なさくら色に焼き上がることでしょう🌸
楽しみお待ちくださいませ!

期間限定開催 陶芸体験プラン『桜の名所くにたちで、「さくらのお茶碗」を作ろう♪』絶賛開催中です!
陶芸体験(水曜・金曜・土曜・日曜 午後実施)
2017/03/29.Wed

春休み!ママと子供達みんなで陶芸体験!!

お子様たちは春休み真っ只中!!
本日は、K崎さま、K取さま御一行が陶芸体験にお越しくださいました♪ ありがとうございました😊

湯のみ、小皿など円形の作品制作グループ

四角形のお皿を制作するグループ

こちらは手回しろくろを使って、玉作りや紐作りで湯のみを制作いたします。2人とも、小学校の低学年とは思えないほどの習熟度!!すぐにコツが掴めたようですʕʘ‿ʘʔ

お母様は、大きめの湯のみ、制作中。丁寧に粘土の厚みを調整なさってます。

四角形のお皿を制作中のお母様。たたら成形で板状にした粘土をフリーハンドで形作ります。秋刀魚用のお皿になさりたいとのことです♪

お姉ちゃんは、フレンチトースト用のお皿作り。こちらは、きっちり型紙で形つくります。

板状の土台に、紐状の粘土を一段積み上げて、しっかり接着して出来上がりです!

作品のかたちが出来上がったら、色をお選びいただきます^_^ 
お選びいただけるのは、工房で人気上位7種の釉薬です。
陶芸体験にお越しの皆さまは、この色見本を気に入ってくださり、今日お越しのKnt君は、これホントに人が作ったの??と何度も驚いて聞いてくださいました。人間の手仕事に感動してくださるお子様たちに、私も感激です^_^

当工房は、
➀陶芸体験
➁陶芸教室
➂陶磁器制作・販売
の三本柱で運営しております。
くにたちの街で陶芸体験!是非みなさまお越しください。
お待ちしております。
陶芸体験(水曜・金曜・土曜・日曜 午後実施)
2017/03/19.Sun

第6回釉薬講習会(最終回/全6回)開催いたしました!

本日は、2016年10月からスタートした全6回の樋口わかなさんによる釉薬講習会、最終回でした!!
 

講習会の前に、釉薬を通じた親睦会を工房近所のたまカフェさんで開催しました。美味しい韓国料理を囲み和気藹々💞

美味しいランチの後は講習会。
第6回のテーマは、色釉テストの結果検証です。

まず、透明の基礎釉テストピース

そしてこちらは、不透明の基礎釉テストピース

上記の基礎釉テストピースに配合した色釉のテストピースが以下の通りです。
着色の原料となる「酸化金属グループ」

「市販顔料グループ」「失透剤グループ」


釉薬それぞれの透明と不透明のメカニズム。また、色釉となる着色のメカニズムを詳しく教えていただきました。

透明の基礎釉に5パーセントの酸化コバルトを配合したテストピースに

こんな素敵なピンクの結晶が出来ておりました!!この結晶というのは、過剰な物資の中で、一度焼成により溶け込んだ物資が、冷却中に飽和点に達し析出するというメカニズムの結果だそうです。
こうした自然のメカニズムを意図的に利用することにより、結晶釉が作れるそうです。

また、講習会では、メキシコで長年陶芸をなさっていた樋口さんならではの陶芸材料に対する様々な見解を伺うことができ、大変勉強になりました。

最終講習会終了後は、今後工房に展示されるボード作り!

遅い時間まで、樋口さん、そしてお手伝いいただいたM松さん、スタッフTさん、Sさん、ありがとうございました。

貴重な色釉の実験結果ボード出来上がり!

  こちらは、当初色釉のベースとして使用予定だった、長石、石灰石、炭酸マグネシウム、ケイ石、カオリンを原料とした基礎釉のテストピースです。  これらのテストピースは、樋口さんのご判断により、使用に値するテストピースの範囲が狭いとのことで、

  今回は炭酸マグネシウムの代わりに亜鉛華を原料とした3年前の配合を色釉の基礎釉として使用しました。
基礎釉にどのような原料を選ぶかにより、酸化金属や市販の顔料との反応が異なり、ますます奥が深い世界だと気付かせていただきました。
講習会を実施してくださった樋口わかなさん♪参加してくださった皆さま💓そして、講習会の準備から片付けまでサポートしてくれた工房スタッフのみんな!ありがとうございました!!
樋口さんに教えていただいたことを踏まえ、工房内でも、それぞれ釉薬の調合にチャレンジなさることでしょう♪
皆さまのこれからの陶芸発展を楽しみにしております(o^^o)  
半年間ありがとうございました。
イベント(釉薬講習会他)
2017/03/16.Thu

立川市「チャレンジショップ『SOU』」さん現在の地での営業あと10days!

2016年4月15日にオープンなさった、立川市「チャレンジショップ『SOU』」さん。現在の地での営業は、1年間とのことで、2017年3月25日までとなるそうです。4月以降は、ネットショップや新しい店舗での運営をご予定。
工房会員浦田さんの陶芸作品を今年の1月から取り扱いしていただき、今月納品した新作を見に国立のお友達(浦田さんのママ友たち。私は浦田さんの陶芸指導としてはじめ出会い、そののち偶然ママ友にもなりました。)と誘い合わせて行ってきました(o^^o)
可愛いほかの商品とともに、賑やかに展示販売していただいてます♪
ありがとうございます😊

ほかにも、"文具屋さん大賞2017"でランキング17位の柿渋プロダクトなどなど、魅力的な商品ばかり!

どうやったらこんなに伸び伸びと素敵な配色で描けるのだろう?と感動のポストカードや

ショップオーナー友田さんの息子さんが小さい時に描いたドローイングがいい感じのオリジナルグッズなどなど

私はSOU君バッグとモアイタオル気に入りました❤️

じっくり見ると、中華屋さんの看板??UNIQLO??いろんなSOU君の世界を感じて楽しいです^_^ 早速、斜め掛けして活用してます。

『SOU』さんの本日以降のお休みは3月19日(日)のみ。
是非皆様、お立ち寄り下さい。
お知らせ
« Prev | HOME | Next »